2016年冬の陣 概評

2016年冬の陣 概評


アルファベットは(難)D>C>B>A(易)の順で、出題分野も大まかなものです。

① B Ⅰ/平面図形、論証
② A ABⅢ/確率、数列、最大
③ C ⅡⅢ/空間座標、積分法(面積)
④ C ⅡBⅢ/三角関数、数列、極限
⑤ A A/整数
⑥ B Ⅲ/微分法、数列、極限

150分での目標得点率は6~8割というところでしょうか。


問題に関して、少しコメント。

全体を通じてやや穏やかなセットになったかなと思います。問題によって難易の差が大きいので、手の付け方によっては悲惨なことになりかねませんが。

本年(2016年)の前期試験、そして後期試験には恐らく2016という数字が至る所で跋扈することでしょう。今回は整数分野(第5問)と三角比(第4問)に混ぜ込みました。対策として是非ご利用頂きたいと思います。なお、今回の第5問(1)は1983年の大阪市立大学の第1問として出題されています。

今回の問題で一番差が付くと思われるのは第3問です。双曲線の積分は暗記事項ではないですが、いざというときに計算し切れるだけの力を付けておくことが肝心です。特に医学部や難関私立ではよく出題されています(今ではもう飽きられている・・・?)。1990年の大阪大学前期理系第5問にねじれの位置にある線分の掃過領域を図示させる問題がありますが、求積計算がある分、今回の冬の陣の問題の方が難しいと思います。

今回の問題はシンプル故にやや地味かもしれません。唯一の華は第1問の「ハップズの中線定理の逆は必ずしも成立しない」という命題の証明でしょうか。これは是非皆さんに挑戦してみてほしい問題です。


やはり受験する大学の過去問研究は欠かせません。過去問を後の演習のために「取っておく」という考え方もあるようですが、経験上、個人的にはあまりお勧めできません。当該大学がどの程度のレベルの問題を出題してくるのかを予め知っておくことは日々の学習のモチベーションになりますし、目指すべき指標となります。大学受験で合格するための勉強と定期試験で良い点をとるための勉強は全然違います。受験生の皆さんには、与えられる内容のみに飽くことなく、貪欲に力を伸ばしていって欲しいと思います。勿論、そのために学校の勉強を疎かにして良い訳ではありませんが、常に先を見据えた計画を立て、志望大学に適した勉強を進めて下さい。


戻る