【違いで覚える英単語】varietyとdiversity

【違いで覚える英単語】
“variety”と“diversity”

Topに戻る


“variety”と“diversity” はどちらも「多様性」を意味する単語である。しかし両者には微妙な違いがある。「Longman現代英英辞典」でそれぞれの単語を引いてみると次の通り。

〈variety〉
・ [不可算] the differences within a group, set of actions etc. that make it interesting
・ [可算] a type of thing, such as a plant or animal, that is different from others in the same group

〈diversity〉
・ [不可算
] the fact of including many different types of people or things
・ [単数] a range of different people, things, or ideas ;類義語 variety

これからも分かる通り、variety では「同じ種類のものの中での違い」に重きが置かれ、diversity では「そもそも種類が違うこと」に重きが置かれている。

例えば「人種の多様性」の意味だと diversity のニュアンスの方が適している。「人には色々な個性がある」とか「その森には多様な生態系が存在する」という意味の場合も diversity が相応しい。

一方で variety はというと、例えば「多様な事業を手掛けている」といった場合や、「運動会には様々な競技がある」といったニュアンスで用いられる単語と言える。「カゴに入っている色々な果物」や「多種多様な芸術作品のコレクション」なども variety に当てはまる。

因みに、“difference” も「違い」という意味では類義語と言えるが、こちらはストレートに差異そのものを指す単語なので上記2つと混同する心配はないだろう。