微積2.3.3

前に戻る トップへ戻る 次の問題へ

問題2.3.3

$z=g(y)$、$y=f(x)$で、$f、g$がともに2回微分可能ならば、$z$は$x$に関して2回微分可能であり、次の式が成り立つことを示せ。

$$\dfrac{d^2 z}{dx^2}=\dfrac{d^2 z}{dy^2} \left( \dfrac{dy}{dx} \right)^2+\dfrac{dz}{dy} \cdot \dfrac{d^2 y}{dx^2}$$

 

《ポイント》

$f、g$の表記も交えながら見通し良く計算することが大切です。

 


 

《解答例》

$z=g(y)$、$y=f(x)$である。

$\dfrac{dy}{dx}=f'(x)$、 $\dfrac{dz}{dy}=g'(y)$、 $\dfrac{dz}{dx}=\dfrac{dy}{dx}\cdot \dfrac{dz}{dy}=f'(x)\cdot g'(y)$、$\dfrac{d^2 y}{dx^2}=f^{\prime\prime}(x)$、 $\dfrac{d^2 x}{dy^2}=g^{\prime\prime}(y)$に注意する。

まず与等式の左辺について、

$\begin{align} & \ \ \ \ \ \dfrac{d^2 z}{dx^2} \\
&=\dfrac{d}{dx}\cdot \dfrac{dz}{dx} \\
&=\dfrac{d}{dx} {f'(x) \cdot g'(f(x))} \\
&=f^{\prime\prime}(x)\cdot g'(y)+f'(x)\cdot f'(x)\cdot g^{\prime\prime}(f(x)) \ \ (∵\text{積の微分}) \\
&=f^{\prime\prime}(x) g'(y)+{f'(x)}^2 g^{\prime\prime}(f(x)) \end{align}$

であり、与等式の右辺について、

$\begin{align} & \ \ \ \ \ \dfrac{d^2 z}{dy^2} \left( \dfrac{dy}{dx} \right)^2+\dfrac{dz}{dy} \cdot \dfrac{d^2 y}{dx^2} \\
&=g^{\prime\prime}(f(x))\{f’ (x)\}^2+f^{\prime\prime}(x) g'(y) \end{align}$

よって(左辺)=(右辺)が成立するから、等式$$\dfrac{d^2 z}{dx^2}=\dfrac{d^2 z}{dy^2} \left( \dfrac{dy}{dx} \right)^2+\dfrac{dz}{dy} \cdot \dfrac{d^2 y}{dx^2}$$の成立が示された。

 

 


 

この問題に復習例題は設定していません。

 


前に戻る トップへ戻る 次の問題へ