レシートを記述するプログラミング言語「ReceiptLine」

雑記Topに戻る

 レシート記述言語

一般社団法人オープン・フードサービス・システム・コンソーシアム(OFSC)は、2020年7月13日にレシート記述言語 ReceiptLine® (レシートライン)を新たなOFSC標準として公開しました。

※「オープン・フードサービス・システム・コンソーシアム」は、情報システム先進化を目指す外食企業からなる一般社団法人です。

ReceiptLine のテストにはこちらのページが使えます。例えば、以下のコードをレンダリングすると下の図のようになります。

{i:iVBORw0KGgoAAAANSUhEUgAAAIAAAAAwAQMAAADjOuD9AAAABlBMVEUAAAD///+l2Z/dAAAAZklEQVQoz2P4jwYYRrrABwYGOwYG5gMMDBUMDPxAgQcMDDJAgQYGhgJcAv//yMj//9/8//+HerAZRAsAzUASAJoGMhRF4AC6ANCIAhQz8AkAXQoUOIDidBQBkG8hAj8gAqPJAa8AAGjulhOsX97yAAAAAElFTkSuQmCC}
{w:*,4,8;b:line}
-
|品名|数量|金額|
-
_りんご     | 1| 100
"バナナ     | 2| 200
`さくらんぼ | 3| 300
-
{w:6,16;a:right}
送料 | 0
-
^^合計 | ^^^600
{w:auto;b:space}
{c:1234;o:code39,60,hri}

開発チーム公式のgithubレポジトリはこちら


最近ツイートが話題になりました。


雑記Topに戻る