色々な現象名・効果名一覧

雑記Topに戻る


(そのうち目次も作ります)


シュリーレン現象(Schlieren)

透明な媒質の中で場所により屈折率が違うとき、その部分にしま模様やもや状の影が見える現象。水溶液への溶質の溶解や、異なる温度の空気の層によって生じる陽炎などはシュリーレン現象の主な例である。

図.氷砂糖が水に溶解する様子

図.陽炎(かげろう)


シミュラクラ現象(Simulacrum)

3つの点が集まった図形が人の顔に見える現象。ヒトの脳の働きによるものと考えられている。心霊現象や心霊写真などはこの現象により説明できることが多い。

図.コンセント(顔に見える?)


フェーン現象(Foehn wind)

山の斜面に当たった気流が山を越え、暖かく乾いた下降気流となって風下の気温が上がる現象。非常に乾燥した強い突風として吹き下ろすこともありしばしば山火事の原因にもなる。日本語では「風炎」と当て字されることもある。フェーン現象には、熱力学的な断熱変化によって起こるフェーン現象と力学的に起こるフェーン現象の二種類がある。空気中の水蒸気量の違いや温度差による密度の差がフェーン現象を引き起こすことが知られている。

図.フェーン現象の概略図


ジャックナイフ現象

トラクターやバイクなどの牽引自動車が、急ブレーキ又は急ハンドルをした際に運転席と荷台がくの字に折れ曲がる現象。

図.くの字に折れ曲がって停止したトラック


ブロッケン現象

太陽などの光が背後から差し込み、影の側にある雲粒や霧粒などのコロイド粒子によって光が散乱され、影の周囲に虹のような光の輪が現れる現象。

図.人の影によるブロッケン現象

図.飛行機の影によるブロッケン現象


チンダル現象

コロイド状の物体に強い光を当てると光の筋が見える現象。霧の中で車のヘッドライトを付けたときや、雲の隙間から光の筋が見えるのはチンダル現象による。水蒸気はコロイドであるため、チンダル現象は自然界の至る所で観察される。

図.チンダル現象


エルニーニョ現象・ラニーニャ現象

ヒートアイランド現象

不気味の谷現象

 

カラーバス効果

 

コリジョンコース現象

ツァイガルニク効果

ドップラー効果


コンコルド効果

このまま投資を進めると損失が出ると分かっていても、これまでに投資した分を惜しみ、ついつい投資を継続してしまう心理的傾向のこと。 ファイナンスや経済学でもよく使用されている用語で、別名、コンコルドの誤謬、コンコルドの誤り、コンコルドの誤信、コンコルド錯誤ともいう。もしくは「サンクコストバイアス」ともいう。超音速旅客機コンコルドの商業的失敗に由来する言葉。


カクテルパーティー効果

スモール・ワールド現象


ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果」とは認知バイアスの一種で、能力の低い人ほど自らを過大評価してしまう傾向のこと。 自分の能力をメタ認知できず、全体における自らの適格性を正しく評価できないことにより生じるもので、米国コーネル大学のデイヴィッド・ダニングジャスティン・クルーガーによって定義された。


カリギュラ効果

禁止されるほどやってみたくなる心理現象のこと。例えば「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる。


ウェルテル効果

マスメディアの報道に影響されて自殺が増える事を指す。これを実証した社会学者ディヴィッド・フィリップスにより命名された。特に若年層が影響を受けやすいとされる。「ウェルテル」は、ゲーテの著書『若きウェルテルの悩み』に由来する。


ジャネーの法則(Janet’s Law)

主観的に記憶される年月の長さは年少者にはより長く、年長者にはより短く評価されるという現象。例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。

In the 19th century, a French philosopher Janet invented a law. It is something like that the length of years that are memorized subjectively is evaluated as; longer for young persons, shorter for elders. According to Janet, for five-years-olds one year is one-fifth of their life, while for fifty-years-olds one year is one-fiftieth, so there is a difference of 10 times in the perceptions of their one year. It is also said that as we get older, fresh experiences decrease and lives become monotonous, so we become to feel like a year passes by faster. As long as we continue new challenges every day, we might be able to spend quality time at any age. (https://kano.ac/posts/2015-12-13_13-58.html)


ムーアの法則

収穫加速の法則



雑記Topに戻る