【Python】リストの要素数を数える

PythonのTopに戻る


 

 len関数でリストの要素数を取得する

len(リスト)」とすることでリストの要素数を取得することができる。

list1 = [8, 6, 1, 42, 13]
list2 = ["apple", "banana", "cherry"]

print(len(list1))
# 5
print(len(list2))
# 3
リストの要素数を取得する

 

 要素のindex(何番目の位置にあるのか)を取得する

ある要素がリスト内の何番目なのかを取得する場合はindex関数を用いる。

list1 = [8, 6, 1, 42, 13]
list2 = ["apple", "banana", "cherry"]

print(list1.index(1))
# 2
print(list2.index("apple"))
# 0
要素のindexを取得する

値の型が違うとエラーになる。また、値が含まれていない場合もエラーを返す。

要素が重複している場合、index関数は最初の出現位置を返す。すべてのインデックスを取得したい場合はリスト内包表記を利用する。

list = [8, 6, 1, 42, 13, 8, 6, 1, 42, 13]

print([i for i, x in enumerate(list) if x == 6])
# [1, 6]
該当する全要素のindexを取得

ここで用いたenumerate関数は、リストのインデックスと格納されている値を同時に取得することができる関数である。リスト内包表記を用いているので返り値は当然リスト型になる。

enumerate関数は「(index), (値) in enumerate(リスト名)」の順序で使うことに注意。


PythonのTopに戻る