高校数学のコツ

高校数学のコツ

数学Topに戻る

高校数学とは銘打っていますが、高校受験の勉強にも使える内容も幾つか掲載しています!

目次

分数式の有理化(高校入試含む)
文字式で置き換えられた式計算
予選決勝法の使いどころ

 

分数式の有理化

分数を有理化する理由とコツ

ルートを含む分数の有理化① $\dfrac{\sqrt{3}-1}{\sqrt{3}+1}$

ルートを含む分数の有理化② $\dfrac{\sqrt{3}-\sqrt{2}}{\sqrt{3}+\sqrt{2}}$

ルートを含む分数の有理化③ $\dfrac{1}{1+\sqrt{2}+\sqrt{3}}$

ルートを含む分数の有理化④ $\dfrac{1}{\sqrt{2}+\sqrt{3}+2+\sqrt{5}}$

※分母に4つ以上の項を含む分数は、特殊な場合を除いて普通は出題されませんが、式変形の基本は同じです。

ルートを含む分数の有理化⑤ $\dfrac{\sqrt{\sqrt{5}+1}+\sqrt{\sqrt{5}-1}}{\sqrt{\sqrt{5}+1}-\sqrt{\sqrt{5}-1}}$

 

 文字式で置換するタイプの計算

共通テスト(旧センター試験)の数Ⅰで出題されるタイプの計算のTipsです。式の一部を置換することの意義は進研ゼミ高校講座の「【数と式】式変形するときの文字の置き換え方」で解説されています。

置換による式計算① $s=x+y$、$t=xy$ 型

置換による式計算② $x^3+y^3$ の計算

置換による式計算③ $x^5+y^5$ の計算

置換による式計算④ 多項式の計算

置換による式計算⑤ 3次方程式の解の計算

 

 予選決勝法の使いどころ

◎予選決勝法についてはこちらのページをご覧下さい。

・分数関数 $f(x,y)=\dfrac{x+y}{x^2+y^2+1}$

 

数学Topに戻る