【平面図形】合同な三角形(灘中学校2012年)

今回は灘中学校の入試過去問から図形に関する問題を取り上げます。中学入試と侮るなかれ、シンプルながらも面白い一題です。言われてしまえばアッという間に解けてしまいますが、高校生に出題しても解けない人が出てくるような良問です。

“【平面図形】合同な三角形(灘中学校2012年)” の続きを読む

角の二等分線の長さを導出する4通りの方法

角の二等分線を題材とする問題は実力テストや大学入学共通テスト(旧センター試験)でも取り上げられることが多いため、しっかり対策しておきたい内容です。今回は角の二等分線の長さの導出方法に焦点を当てて解説していきます。

“角の二等分線の長さを導出する4通りの方法” の続きを読む

大阪大学2020年前期理系数学第3問

今年の阪大数学は昨年までの難化の反動なのか、解答の方針に悩むような出題がほとんど無く、全体的に易化しました(特に文系数学が顕著です)。理系数学には複素数絡みの確率の問題があった一方、整数問題の出題はありませんでした。問題を見る限り高得点を獲得した受験生は多いと予想され、数学ではあまり差が付かなかったものと思われます。

今回は平面図形と離散数学の融合題である第3問を取り上げてみます。

“大阪大学2020年前期理系数学第3問” の続きを読む