BTB指示薬

ほとんどの大学では大学初年度の科学実験の授業の中でpHの測定やpH滴定曲線のプロットをやるのではないでしょうか。

種々の化合物に関する滴定実験は実験器具の扱いやデータの取り方などを学ぶ上で基礎中の基礎となる化学実験と言えます。もしかしたら中学校や高校で既に経験している人もいるかもしれませんね。私が高校のときにやった化学実験と言えば、過マンガン酸カリウムの酸化還元滴定の実験くらいしか記憶にありませんが・・・。

 

トップ画像を変えました。

お気付きの方も多いかと思いますが、各種pHの水溶液についてBTB指示薬を滴下したビーカーを並べたものです。こうして見るとなかなか綺麗です。一部ホコリのようなものが写っていますが(笑)。

BTB指示薬とは酸性~黄色、中性~緑色、塩基性~青色とpHによって異なる色を呈する便利な薬品です(非常に強い酸では赤色、非常に強い塩基では紫色を示す)。BTB指示薬自体はものすごく濃い緑色をしており、かなり黒く見えます。

確かこの実験のときは中和滴定も一緒に行ったように記憶しています。実験というものをまともにやったことがなく、慣れない実験ノートやレポートに相当手こずり大変な思いをしましたが、当時のテキストを見ると何だか懐かしくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です