【WordPress】Webページにコピーライトを表示するsite-info設定

WordPressで構築されているWebページのフッターにコピーライトを表示するためのsite-infoの設定内容について簡単にメモしておきます。


WordPressの管理ページに入り、[外観] > [テーマエディター] を選択、「テーマファイル」の欄内に “template-parts” のタブがあるのでfooterの中の “site-info.php” のファイルを開きます。この中の <?php   ?> セクションの下に以下のようなコードを追加します。

<div class="site-info">
 ©Copyright 2017-<?php echo date('Y'); ?> <a href="<?php echo home_url(); ?>"><?php bloginfo( 'name' ); ?></a> All Rights Reserved.
</div><!-- .site-info -->

すると、Webページのフッターに

©Copyright 2017-2021 理系のための備忘録 All Rights Reserved.

のような表示が現れるはずです。<?php echo date(‘Y’); ?> の部分にはページ訪問時に取得した現在の西暦が自動的に反映されます。<?php bloginfo( ‘name’ ); ?> の部分には皆さんのウェブサイト名が反映されます。「2017」の部分は適宜書き換えてください。運用開始年は表示しないというスタイルにするなら削除すればOKです。

WordPressのテーマを変更したり最新バージョンに更新したりすると template-parts/footer/site-info.php の内容がデフォルト設定に戻ってしまうので修正が必要です。その点は気を付けなければなりませんが、基本的には放置で問題ありません。

それから、コピーライトの表記方法については色々な流派があるので好きなものを採用すればよいと思います。そもそも表示が無いからといって著作権が保護されない訳ではないので…。


WordPressのテーマがもう5年近くTwenty Seventeenのままなのでそろそろテーマを新装しようかと思っているのですが、設定やレイアウトを調整するのが面倒そうでなかなか重い腰が上がらないんですよね…。テスト環境で調整してから~とか考えると全くやる気が出ない気がするのでそのうち、エイやっ、と変えてしまうかもしれません。

このウェブサイトが置いてあるXserverのphpの推奨バージョンが8系に上がったタイミングで変更する予定でいます。プラグインも見直さないといけないと思うので、やるとすれば管理人の時間がある時&ユーザー閑散期を狙って更新します。早くても来年の3月とかですかね…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です