「オールジャンル一行問題」を開設しました!

こんにちは。管理人のpencilです。
今回は雑談回です。「雑題ログ」に新しいページを追加したのでご報告。


この度、「雑題ログ」の新コーナーとして、「オールジャンル一行問題」と題した入試数学における一行問題をリストアップしたページを作ってみました。正直言ってまだまだ問題を集めきれていませんし、意図的に省いた問題もあるので、全ての一行問題が網羅されているわけではありませんが、世の中に出回っている一行問題の奥ゆかしさに皆さんが少しでも触れて頂ければと思っております(笑)。

極限計算の問題文は短文化しやすいので、極限分野にジャンルが偏ってしまうかとも危惧していたのですが、いざ蒐集してみると案外そんなこともなさそうです(極限計算の問題数は依然多いですが・・・)。出題校はやはり難関大学が多数を占めています。これは個人的な意見ですが、一行問題は典型題の対極にあるために、それなりに数学の応用力が身に付いている受験層が相手でないと、得点に全く差が付かなくなってしまうのでしょう。そのため、一行問題の質は大学のレベルを多分に反映しているとも言えます。一行問題が難関大学に多いのは必然、ということですね。

残念なことに一行問題は受験生に嫌われがちではありますが、カテゴライズの難しい一行問題は数学の力を伸ばすのに最適な演習問題となります。ある程度数学が得意な方は、演習がてら少し覗いていってもらえればと思います!


色々な一行問題がありますが、やはり個人的にベストなのは業界最短、最小文字数の京都大学(2006年/後期文系第5問/後期理系第6問)ですかね。

●   ●   ●   ●   ●

$\tan 1^{\circ}$は有理数か。

(2006年/後期文系第5問/後期理系第6問)

●   ●   ●   ●   ●

余談になりますが、この問題、当時の受験生のほとんどは散々な出来だったそうです。実は加法定理と背理法の合わせ技であっさり解決してしまうのですが、試験場ではなかなか気付けないのが実情ですね・・・(^_^;)。


(2017/07/06追記)
スマートフォンで閲覧すると一部の問題が2行で表示されてしまうようです(笑)。このサイトの仕様なのですが、そこはかとなく不満に思われた方はPCでの閲覧を推奨致します・・・。

2 Replies to “「オールジャンル一行問題」を開設しました!”

  1. 面白いコレクションですね。
    昨年度の愛媛大学(医)の第5問も一行問題に入るのではないでしょうか?
    コレクションに加えて頂けると幸いです。

    1. 酪農家 様、コメントありがとうございます。

      情報提供に感謝致します。愛媛大学(医)の第5問ですが、実際の問題冊子では1行に収まっていなかったようですが、折角ですのでリストに加えておきました。演習向きの良問だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です