数式に出てくる文字・記号のLaTeXコマンド集

当サイトではMathJaxによる数式表示を利用していますが、LaTeXのコマンドが分からなければ数式を正しく記述することはできません。そこで今回は数学や物理などの数式によく登場する文字のLaTeXコマンドをご紹介します。

MathJaxを利用していて困っている方や、これから利用しようと考えている方は是非参考にしてみて下さい!


ギリシャ文字

・ギリシャ文字コマンド一覧

大文字 記法 小文字 記法 変体 記法
$A$ A $\alpha$ \alpha
$B$ B $\beta$ \beta
$\Gamma$ \Gamma $\gamma$ \gamma
$\Delta$ \Delta $\delta$ \delta
$E$ E $\epsilon$ \epsilon $\varepsilon$ \varepsilon
$Z$ Z $\zeta$ \zeta
$H$ H $\eta$ \eta
$\Theta$ \Theta $\theta$ \theta $\vartheta$ \vartheta
$I$ I $\iota$ \iota
$K$ K $\kappa$ \kappa
$\Lambda$ \Lambda $\lambda$ \lambda
$M$ M $\mu$ \mu
$N$ N $\nu$ \nu
$\Xi$ \Xi $\xi$ \xi
$O$ O $o$ o
$\Pi$ \Pi $\pi$ \pi $\varpi$ \varpi
$P$ P $\rho$ \rho $\varrho$ \varrho
$\Sigma$ \Sigma $\sigma$ \sigma $\varsigma$ \varsigma
$T$ T $\tau$ \tau
$\Upsilon$ \Upsilon $\upsilon$ \upsilon
$\Phi$ \Phi $\phi$ \phi $\varphi$ \varphi
$X$ X $\chi$ \chi
$\Psi$ \Psi $\psi$ \psi
$\Omega$ \Omega $\omega$ \omega

$\TeX$はその出力の美しさに定評がありますが、ユーザーが最も恩恵を受けるのがギリシャ文字ではないかと思います。πと$\pi$では可読性やウェブページの見た目にも大きく影響します。


筆記体・斜体など

大文字の筆記体は\mathcalコマンドで記述できます。

(例)\mathcal{ABCDEFG} → $\mathcal{ABCDEFG}$

ギリシャ文字の大文字は頭に “var” を付けることで筆記体になります。変体の記法と同じですが、\varGammaが大文字斜体のガンマになるのに対して、\vargammaはエラーとなるので注意です。

(例)\varGamma → $\varGamma$

ローマン体の出力には\mathrmコマンドを利用します。これは”math”を省略して\rmとしても使えます。

(例)\triangle \mathrm{ABC} → $\triangle \mathrm{ABC}$

$\require{rsfso}$また、ハミルトニアンやラグランジアンなどの筆記斜体文字は\require{rsfso}(←ドルマークで両側を挟む)としてrsfsoパッケージを読み込めば\mathscrコマンドで記述できます。

(例)\mathscr{H} → $\mathscr{H}$

フラクチュール体(ドイツ文字)にしたい場合は\mathfrakコマンドを利用します。

(例)\mathfrak{ABCDEFG} → $\mathfrak{ABCDEFG}$

黒板太字体は\mathbbコマンドで出力します。デフォルトでamsmathパッケージが設定されていなければ\require{amsmath}(←ドルマークで両側を挟む)として適宜インクルードして下さい。

(例)z \in \mathbb{C} → $z \in \mathbb{C}$

●   ●   ●

\math~というコマンドは使用頻度多く、いちいち“math”をタイプするのは面倒です。そこで、\mathrmコマンドのように省略形が使えるかどうかを検証してみました。

\mathit{C}、\it{C} $\mathit{C}、\it{C}$
\mathrm{C}、\rm{C} $\mathrm{C}、\rm{C}$
\mathbb{C}、\bb{C} $\mathbb{C}、\bb{C}$
\mathbf{C}、\bf{C} $\mathbf{C}、\bf{C}$
\mathsf{C}、\sf{C} $\mathsf{C}、\sf{C}$
\mathcal{C}、\cal{C} $\mathcal{C}、\cal{C}$
\mathtt{C}、\tt{C} $\mathtt{C}、\tt{C}$

ご覧の通り、当サイトの環境では\bbコマンドが使えないようです。他のウェブサイトではどうなっているか分かりませんが、略記コマンドに対応していない場合もあることを想定すると、やはり”math”を省略しないほうが安全ではあります。

これらの中で最も使用頻度が高いと思われる\mathrmコマンドで省略形が使えるのは嬉しいですね。「四角形$ABCD$」と「四角形$\mathrm{ABCD}$」では何となく印象が変わりますよね。


二項演算子など

・二項演算子コマンド一覧

記法 記法
$\pm$ \pm $\mp$ \mp
$\times$ \times $\div$ \div
$\ast$ \ast $\star$ \star
$\circ$ \circ $\bullet$ \bullet
$\cdot$ \cdot $\cap$ \cap
$\cup$ \cup $\uplus$ \uplus
$\sqcap$ \sqcap $\sqcup$ \sqcup
$\vee$ \vee $\wedge$ \wedge
$\setminus$ \setminus $\wr$ \wr
$\oplus$ \oplus $\ominus$ \ominus
$\otimes$ \otimes $\odot$ \odot
$\bigcirc$ \bigcirc $\diamond$ \diamond
$\bigtriangleup$ \bigtriangleup $\bigtriangledown$ \bigtriangledown
$\triangleleft$ \triangleleft $\triangleright$ \triangleright
$\dagger$ \dagger $\dagger$ \ddagger
$\amalg$ \amalg

プラスやマイナス、イコールなどは直接使います。

・関係演算子コマンド一覧

記法 記法
$\le$ \le(\leq) $\leqq$ \leqq
$\ge$ \ge(\geq) $\geqq$ \geqq
$\prec$ \prec $\succ$ \succ
$\preceq$ \preceq $\succeq$ \succeq
$\ll$ \ll $\gg$ \gg
$\subset$ \subset $\supset$ \supset
$\subseteq$ \subseteq $\supseteq$ \supseteq
$\sqsubseteq$ \sqsubseteq $\sqsupseteq$ \sqsupseteq
$\vdash$ \vdash $\dashv$ \dashv
$\in$ \in $\ni$ \ni
$\notin$ \notin $\ne$ \ne
$\sim$ \sim $\equiv$ \equiv
$\asymp$ \asymp $\simeq$ \simeq
$\cong$ \cong $\approx$ \approx
$\doteq$ \doteq $\neq$ \neq
$\models$ \models $\propto$ \propto
$\mid$ \mid $\perp$ \perp
$\bowtie$ \bowtie $\parallel$ \parallel
$\frown$ \frown $\smile$ \smile

\neや\notinなどの否定演算子は\notコマンドを利用することによっても出力可能です。

(例)x \not \in \mathbb{N} → $x \not \in \mathbb{N}$

(例)a \not \equiv b → $a \not \equiv b$

(例)AB \not \parallel CD → $AB \not \parallel CD$


矢印など

・LaTeX標準スタイルの矢印コマンド一覧

コマンド コマンド
$\uparrow$ \uparrow $\downarrow$ \downarrow
$\Uparrow$ \Uparrow $\Downarrow$ \Downarrow
$\updownarrow$ \updownarrow $\Updownarrow$ \Updownarrow
$\leftarrow$ \leftarrow $\rightarrow$ \rightarrow
$\leftrightarrow$ \leftrightarrow $\Leftrightarrow$ \Leftrightarrow
$\Leftarrow$ \Leftarrow $\Rightarrow$ \Rightarrow
$\longleftarrow$ \longleftarrow $\longrightarrow$ \longrightarrow
$\Longleftarrow$ \Longleftarrow $\Longrightarrow$ \Longrightarrow
$\longleftrightarrow$ \longleftrightarrow $\Longleftrightarrow$ \Longleftrightarrow
$\nwarrow$ \nwarrow $\nearrow$ \nearrow
$\swarrow$ \swarrow $\searrow$ \searrow
$\mapsto$ \mapsto $\longmapsto$ \longmapsto
$\hookleftarrow$ \hookleftarrow $\hookrightarrow$ \hookrightarrow
$\leftharpoonup$ \leftharpoonup $\rightharpoonup$ \rightharpoonup
$\leftharpoondown$ \leftharpoondown $\rightharpoondown$ \rightharpoondown
$\rightleftharpoons$ \rightleftharpoons

・amssymbスタイルの矢印コマンド一覧

コマンド コマンド
$\twoheadleftarrow$ \twoheadleftarrow $\twoheadrightarrow$ \twoheadrightarrow
$\Lsh$ \Lsh $\Rsh$ \Rsh
$\leftleftarrows$ \leftleftarrows $\rightrightarrows$ \rightrightarrows
$\upuparrows$ \upuparrows $\downdownarrows$ \downdownarrows
$\rightleftarrows$ \rightleftarrows $\leftrightarrows$ \leftrightarrows
$\Lleftarrow$ \Lleftarrow $\Rrightarrow$ \Rrightarrow
$\leftarrowtail$ \leftarrowtail $\rightarrowtail$ \rightarrowtail
$\rightsquigarrow$ \rightsquigarrow $\leftrightsquigarrow$ \leftrightsquigarrow
$\looparrowleft$ \looparrowleft $\looparrowright$ \looparrowright
$\circlearrowleft$ \circlearrowleft $\circlearrowright$ \circlearrowright
$\curvearrowleft$ \curvearrowleft $\curvearrowright$ \curvearrowright
$\upharpoonleft$ \upharpoonleft $\upharpoonright$ \upharpoonright
$\downharpoonleft$ \downharpoonleft $\downharpoonright$ \downharpoonright
$\nleftarrow$ \nleftarrow $\nrightarrow$ \nrightarrow
$\nLeftarrow$ \nLeftarrow $\nRightarrow$ \nRightarrow
$\nleftrightarrow$ \nleftrightarrow $\nLeftrightarrow$ \nLeftrightarrow

このほかに\overleftarrowや\overrightarrowなどのコマンドでベクトルの表示ができます。ただし、ベクトルだけなら\vecだけでも表示できます。

(例)\overrightarrow{a} → $\overrightarrow{a}$

また、\stackrelコマンドにより記号の上に式を乗せることができます。

(例)A \stackrel{\varDelta}{\to} B → $A \stackrel{\varDelta}{\to} B$


スラッシュ(打ち消し)

$\require{cancel}$\require{cancel}としてcancelパッケージをインクルードすれば斜線の表示が可能となります。

(例)\dfrac{2}{\cancel{3}}\times\dfrac{3}{\cancel{7}} → $\dfrac{2}{\cancel{3}}\times\dfrac{\cancel{3}}{7}$


ドット

数式にはドットも頻繁に登場します。

\ldots $$\ldots$$
\cdots $$\cdots$$
\vdots $$\vdots$$
\ddots $$\ddots$$

その他(微分記号など)

また、偏微分記号$\partial$は\partialで呼び出し可能です。1階微分$\dot{x}$や2階微分$\ddot{x}$の略記はそれぞれ\dot、\ddotを利用します。因みに、\dddotや\ddddotも使えますが、5階微分以上はコマンドが用意されていません。


・・・他にも上付き・下付き文字、装飾文字などは色々ありますが、全部紹介しているとキリが無いので、この辺にしておきます。



(コメント)

・・・久々に「備忘録」っぽい記事を書きました(笑)

$\TeX$は初学者には敷居が高く取っ付きにくい存在だと言われていますが、一昔前よりもMathJaxを利用したウェブページが増えたような気がします。最近の数学ブームの潮流なのでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です